SEOに強いWordPressの構築方法とは!? 起業・サイドビジネスのためのブログ運営術

有馬記念の予想/2018「競馬投資の検証日記」

有馬記念2018 投票馬券

第63回 有馬記念 2018

サラ系3歳以上オープン(国際)(指定)定量コース:2,500メートル(芝・右) 2018年12月23日(日曜) 中山

有馬記念2018 枠順

枠順確定いたしました。ライブ放送で枠順抽選会を見てましたが、武豊さんやっぱり持ってますね~。見事に1枠1番。ライブ放送の冒頭で神ってる騎乗のルメール騎手、二刀流のオジュウチョウサンなど有馬記念の見どころを語られていた中、武豊さんの昨年のキタサンブラックに引き続き、ここでも引きの強さを見せてくれました。ファンの方には申し訳ないのですが、正直、オジュウチョウサンはいらないと思っていた中で今年はメジャーで活躍の大谷翔平の二刀流が話題にこの馬も障害と平場の二刀流で、武豊の4000勝とこの枠順。気にならないはずがありません。障害では強いとは言え所詮障害、平場のG1馬とはここでは力差にありすぎる気がしていますが、何かドラマがあるのだろうか? 現在、2番人気で単勝6.0倍となっていますが人気になりすぎて、馬券的にも魅力感じないところですが、どうなることか。 さらにレイデオロが6枠12番と微妙~。レイデオロ軸にシンプルに2,3点の馬連で勝負使用と思っていましたが、枠順が決まってからは悩みに悩んでおります。
1枠01番 オジュウチョウサン 牡7 57.0㎏ 武豊騎手
1枠02番 クリンチャー    牡4 57.0㎏ 福永騎手
2枠03番 モズカッチャン   牝4 55.0㎏ M・デムーロ騎手
2枠04番 マカヒキ      牡5 57.0㎏ 岩田騎手
3枠05番 パフォーマプロミス 牡6 57.0㎏ C・デムーロ騎手
3枠06番 サトノダイヤモンド 牡5 57.0㎏ B・アヴドゥラ騎手
4枠07番 サウンズオブアース 牡7 57.0㎏ 藤岡佑騎手
4枠08番 ブラストワンピース 牡3 55.0㎏ 池添騎手
5枠09番 リッジマン     牡5 57.0㎏ 蛯名騎手
5枠10番 ミッキースワロー  牡4 57.0㎏ 横山典騎手
6枠11番 ミッキーロケット  牡5 57.0㎏ O・マーフィー騎手
6枠12番 レイデオロ     牡4 57.0㎏ C・ルメール騎手
7枠13番 スマートレイアー  牝8 55.0㎏ 戸崎騎手
7枠14番 キセキ       牡4 57.0㎏ 川田騎手
8枠15番 シュヴァルグラン  牡6 57.0㎏ H・ボウマン騎手
8枠16番 サクラアンプルール 牡7 57.0㎏ 田辺騎手

◎ 6枠12 レイデオロ

有馬記念の舞台は中山競馬場の芝2500m、コーナーが6回もあり、最後の直線も短くトリッキーなコースとなります。馬の能力はもちろん大事ですが、馬場適正も特に要求される舞台と考えております。中山の最後の直線の坂を瞬時に駆け上がるには長くいい脚を使える馬でなく、坂道を駆け上がれる一瞬の切れ味+パワーを持った馬が向いていると考えています。あの中山キラーのマツリダゴッホのように、中山の短い直線の坂を一瞬で駆け上がるような脚を持つ馬です。前置きが長くなりましたが、レイデオロは中山でもデビューから4戦3勝で皐月賞の5着が1回と相性は抜群。中段から前目で競馬ができ、 直線で一瞬の脚を使える中山向きの馬だと思っております。能力、中山適正、ローテーションから見てもここは頭でしょう。

〇 5枠10番 ミッキースワロー

レイデオロ以外に中山巧者となれば、この馬。ハマれば1着もあると思える馬場適正を感じています。JCでもラスト1ハロンは最速。抜群の瞬発力で中山の短い直線の坂もあっさり他馬を抜き去る脚をもっています。どうしても後方からの競馬になりやすいの馬なので、しっかり脚をためつつ、いい位置取りで直線まで、いい競馬ができるかがカギとなるでしょう。注文は付きますが、この馬をよくわかっている典ちゃんの手腕に期待したいところ。一発狙ってほしいです。

★ 2枠4番 マカヒキ

ダービー馬、皐月賞2着と3歳の輝かしい成績からすれば、凱旋門賞以降、勝ち星から遠ざかっていますが、5歳になって9か月ぶりのレースで札幌記念はサングレーザーの2着と好走と復調の気配。この馬はまだ終わっていない と感じるレースぶりでした。天皇賞は7着ではありますが、今年は2走しかしておらず、上積みも見込め、余力たっぷり。天皇賞も本来の力を出せていないと感じております。皐月賞の走りからも、中山の坂での瞬発力勝負なら上位と思っております。岩田への乗り替わりもプラスに出る気がします。この馬が岩田騎乗で内枠に入ったなら買いだと思っておりましたので、2枠4番の絶好の枠を引いた以上買わないわけにはいきません。この枠なら頭もあると思っています。

△ 6枠11番 ミッキーロケット

成績、力のわりに人気のない馬という、地味な印象のミッキーロケットですが、宝塚記念では1着、天皇賞でも差のない5着とその能力から見ても、ここで勝っても不思議ではない。地味な印象には、ずば抜けた能力や圧倒的な強さを感じないところにもあるのかな?と考えます。総合的なバランスの良さがむしろ人気を落とす原因となっている気がします。今回は内枠なら面白い1頭になるだろうと、早い段階から注目していた馬です(天皇賞でも頭してました)。しかしながら、この枠に入ったのは、この馬にとっては大きなマイナスと考えます。好走はできても、内枠で、前目の好位で内で脚をためて早め抜け出しが出来れば勝ち負けも!?と思っていましたがこの枠では、掲示板に載れば上出来といったところです。O.マーフィーが騎乗ということで、その手腕もありますので、デットーリ騎手レベルのパフォーマンスが出来れば、覚醒する可能性もあるかもしれません。

▼ 7枠14番 キセキ

この馬の力は今や誰もが認めるところで、本来ならここではレイデオロかキセキで決まると考えるところでしょうが、天皇賞3着、JCレコードでの2着と激走の反動を懸念して、現段階では3番人気とやや人気落ち感があります。中山の2500mのこの舞台はスタミナも要求されます。激走後の反動で余力が残っているか、最後の直線でその答えは出るでしょう。キセキはステイヤータイプですので使われた方がいい馬だと思っていますが、道悪の消耗戦を勝ち切った菊花賞後の成績不振をみるとタフな馬ではありますが一生懸命走るタイプだけに、その後の反動も大きのかもしれません。昨年の覇者キタサンブラックのようなハードワークをこなせるだけのタフさを持っているかは疑問の残るところです。しかも内枠に入れなかったのもマイナス、キタサンブラックは1枠1番の絶好の枠でした。スタートで脚を使わざるを得ないため、能力は上でも余力いっぱいの元気な有力馬相手に今回は苦戦はしそうな予感はします。争点は余力がどうか?この一点だけでしょう。

△ 3枠6番 サトノダイヤモンド

成績、走りからもピークは過ぎた感のある馬ですが、1昨年はこのレースでキタサンブラックを捻じ伏せ勝っているこの舞台。このレースとの相性も良さそうです。枠もいいところに入ったので、劇的な復活劇もないとはいえません。有馬は過去にも不振の続いた馬が復活する舞台でもあります。5歳と年齢的にも元気な世代です。一発が怖い存在だと思っています。
この他、オジュウチョウサン、 パフォーマプロミス 、ブラストワンピース、クリンチャー、モズカッチャンなど内枠を引いた馬がいますので正直、目移りして困っておりますが、あれもこれもと入れていたら的中しても収益は厳しくなりそうですので、当初から狙っていた馬で勝負します。 ※オジュウチョサン、クリンチャーもちょっと気になるので、少しだけ追加しました。

馬券

  • 馬連流し 12 – 4 10 各 3,000円 / 計 6,000円
  • 馬連流し 1 – 4 6 10 各 600円 / 計 1,000円
  • 馬連フォーメーション 4 10 – 2 4 6 10 11 各 200円 / 計 1,200円
  • 3連複流し 12 – 1 4 6 10 11  各 200円 / 計 2,000円
  • 単勝 4 10 各2,000円 / 計4,000円
  • 合計 13,800円
有馬記念2018 投票馬券

追記 2018/12/24 レース反省会

ブラストワンピースが来ましたね。今年は平成最後ということ、天皇誕生日に開催、サインは出ていました。結果論ですが。平成とは「国の内外、天地とも平和が達成される」という意味から…平和の「ピース」平成最後の「ブ ラスト」今年は戌年ということで犬の鳴き声で「ワン」。正直、このサインは頭にはありました。嘘ではありません。サイン馬券で8-12の馬連も買おうかとも考えましたが、切ってしまいました(涙)。有馬ってサイン馬券が来ることが度々あるのでまじめに予想するのがバカバカしく思えてきます。今更の愚痴でした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




アーカイブ