SEOに強いWordPressの構築方法とは!? 起業・サイドビジネスのためのブログ運営術

競馬で投資運用は本当にできないのか!?「競馬投資の検証日記」

競馬で投資運用を始める「競馬投資の検証日記」

株やFXのように競馬の投資って可能なの!?

投資と言えばFX、株などを連想される方が多くいる一方で、競馬、パチンコなどは世間的にはギャンブルというカテゴリーに属しています。簡単に言えばFXや株の「ゼロサムゲーム」に対し競馬やパチンコ、宝くじなどの「マイナスサムゲーム」による、物理的な損失の側面からの見解と考えます。競馬の運営料(てら銭)は25%、パチンコは10~15%、宝くじ50%程度となっています。FX、株に関しては他と比べ僅かながらの手数料となる。
※マイナスサムゲームとは、運営者が運営料(てら銭)を取った後の金額を分配(払い戻す)システムで、投資に対する期待値がマイナスになる。
※ゼロサムゲームとは、てら銭の額が相対的に小さく、一方の利益が他方の損失になること。

競馬よりFX、株が断然投資に有利!?

この数値だけで見れば、FXや株が圧倒的に利益を得る可能性が高く、ギャンブルに属するものと比べても、投資として一般に普及されているのは納得できるところでしょう。競馬でならてら銭25%抜かれた残りの75%を参加者で分け合うので、やればやるほど運営側が儲かり、参加者が損するシステムですから冷静に考えれば利益を上げ続けることは皆無なのかもしれません。投資を目的とするなら、FXや株を選択することが正しい判断でしょう。

FX、株は本当にゼロサムゲームなのか!?

ざくりとした数値になりますが…FX、株は勝ち組が2割と言われ、8割の負け組の上に、勝ち組の利益成り立っているわけです。そこには資金や経験値といった大きなハンデがあること忘れてはいけません。FX、株は理論上はゼロサムゲームです。しかし、超巨大投資銀行や老獪なヘッジファンドなど絶対強者が跋扈する市場において、資金、経験のない個人投資家が簡単に利益を出し続けられるほど甘い世界ではありません。言わば、その勝ち組の2割の中には、てら銭を取る運営者に匹敵する強者が存在するとも言えます。はたして、その強者だけで全体の何パーセントの金額を稼ぎ出していることか!?もしかしたら、競馬の25%より分が悪い投資をしているのかもしれません。弱者である個人投資家にとっては他のマイナスサムゲームと大差のない環境だとすると、競馬はFX、株と比べても決して分が悪い投資ではないと考えています。また株は長期的には市場の成長があるため、ゼロサムゲームになるとは限らない、プラスサムゲームという言い分もありますが成熟した市場では過大な期待はできず、ゼロサムゲームと理解していた方が良いでしょう。まあ、私の都合のいい解釈と聞き流して頂いて構いませんが…。

投資競馬で利益を上げ続けるのは難しい…

検証日記を始めて早々に言うのもおかしな話ですが、前述の観点からも、てら銭25%をの中で利益を出し続けることは厳しいと言わざるを得ません。競馬投資は正直に難しいと思っています。実は過去に趣味で始めた競馬を、あることがきっかけで投資競馬として投資するようになり、結果的に大金を失い断念した経験もあります。では、なぜ過去に投資で失敗しているのに、再挑戦するのかと言えば、現在(競馬歴20年)は趣味として少額でG1レースを楽しむ程度で、ここ5年の収支は年間±2~3万程度。大して勝っても負けてもいませんが、とは言え遊びながらも収支は、ほぼ±0に近い状態であり、経験値も上がり、馬券の買い方次第で利益を出せるのではないかと思うようになっていること、そして、一番は記事ネタが欲しかったことです(汗)。

過去の投資競馬の失敗談

過去の投資競馬の失敗談
今から15年ほど前に、投資競馬の情報サイトを見たことがきっかけで、簡単に言えば情報商材を販売しているサイトでした。商材の価格も確か3万円程度でしたのでダメもとで購入してみました。その内容は枠連全通りから3つ(A,B,C)のグループ+1(D)に分け、その中で勝率の高い1つのグループAをマーチン手法で買うというものでした。過去何年かのデータから勝率を算出したもので、分析された上でのデータではあったようです。グループAの勝率は40%弱。そのデータを見て直ぐにピンっときました。この投資方法には大きな欠陥がある…いや欠陥だらけであると。連敗想定が出来てない、マーチンでのリスク、資金は無限にはないこと、過去のデータの勝率精度など突っ込みどころ満載でした。念のため、JRAの過去のデータを抽出しシュミレーションもしましたが想像通り連敗も度々出現し、マーチン手法では常識的に資金不足となり大損害を被る結果となりました。これって詐欺行為にはあたらないのでしょうか!?私は泣き寝入りでしたが…情報商材なんて所詮こんなものです。授業料と思って自分を納得させましたが、これを購入し疑うことなく信じて投資された人がいるかと思うと哀れでしかたがないです。
流石に、そんな馬鹿な投資はしておりませんでしたが、通常の馬券予想とは異なる統計データによる投資が可能か等、あらゆる角度から分析しシュミレーション、検証を行ってきましたが結果を散々たるものでした。この方法は、一般的な競馬の予想とは異なる方法でしたので、純粋に競馬を楽しむこともできませんでした。

投資の戦略、方向性を考える

投資の戦略、方向性を考える

予想よりも馬券の買い方が重要

今回は一般的に皆さんがするように馬や騎手、過去のレースなどのデータを参考にしながら、一般的な競馬予想から投資の検証を行いたいと思います。(個人の裁量による部分が大きいので参考になるかは疑問はありますが…。)そして、馬券の買い方が最も重要なポイントとなります。単勝、馬連、馬単、複勝、ワイド、3連複、3連単のどの買い方で何点で買うのか?馬券の買い方だけでも結果は大きく変わりますので、投資という観点から検証の参考にはなるのではないかと考えております。この点に重点を置きながら馬券予想と一緒に検証していきたいと考えとおります。

3つの要素を基本に

競馬投資はG1レースのみで検証。投資する度に25%のてら銭が掛かるわけですので物理的に投資回数が増えれば増えるほど収益が下がる計算になります。また、当てることは大事ですが、購入点数が増えて、当てても利益を出せない買い方では意味がありません。「レースを絞る」「損益を考えた効率的な馬券の買い方」「予想に必要な情報が豊富レースを選択する」まずは、この3つの要素を基本に投資を行っていきたいと考えております。

設定払戻率はすべて同じではない!

競馬では、てら銭が25%とお伝えしてますが、実際は馬券によりその払い戻し率は変わってきます。一番率が良いのが単勝、複勝80%で最低がWIN5では70%、その差10%。投資という長い目で見ると、先々大きな差となることは間違いありません。この点も考慮しながら馬券投資する必要があると考えます。
設定払戻率
  • 単勝 複勝:80%
  • 枠連 馬連 ワイド:77.5%
  • 馬単 3連複:75.0%
  • 3連単:72.5%
  • WIN5:70%
ここでは、あくまでも投資競馬の検証ということで実施しますので、1回あたりの金額は数千円程度の少額投資ということでご了承願います。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。




アーカイブ