Wordpress プラグインなしでソースを表示する方法 | 32ARTS(サニーアーツ)

WordPress プラグインなしでソースを表示する方法

WordPress でプラグインを使わずにできるテクニックやツールを紹介!

プラグインは便利なツールですが、その反面、プラグインそのものの負荷は
もちろんのこと、相性によるマッチング負荷もあると言われております。
サーバー負担は表示速度の低下招き、訪問者の離脱に繋がってしまいます。
今一度、このプラグインは本当に必要なのか検討し、必要最小限に抑える
ことをオススメします。

■ プラグインなしでソースを表示する方法
  プラグインなら 「Syntax Highlighter for WordPress」があり、見やすいフォーマットで
  強調表示などもあり、人気のようですが対応言語による負荷やマッチング負荷も考えると
  コードソースを表示するだけなら、このような方法もあります。 これは、いたってシンプル!
  コピペするだけですので負荷もかからずお勧めです。(Wordpress以外でも使えます。)
  ソースを「そのまま表示する為のHTMLソース」に変換

【 表示例 】

 <?php
$description = get_post_meta( $post->ID , 'description' , true );
$keywords = get_post_meta( $post->ID , 'keywords' , true );
?>
<?php if($description != null) { ?>
<meta name="description" content="<?php echo post_custom('description'); ?>" />
<?php } else { ?>
<meta name="description" content="ここに内容を記入" />
<?php } ?><?php if($keywords != null) { ?>
<meta name="keywords" content="<?php echo post_custom('keywords'); ?>" />
<?php } else { ?>
<meta name="keywords" content="ここに記入(キーワードはカンマ=,で区切る)" />
<?php } ?><meta name="Author" content="tufride" />
<meta name="copyright" content="著作権" />