PCモニターに青色の一本縦線が入る…Dell「U3219Q 31.5(32)インチ 4K 」 | 32ARTS(サニーアーツ)

PCモニターに青色の一本縦線が入る…Dell「U3219Q 31.5(32)インチ 4K 」

PC液晶モニターに青色(赤色)の一本縦線が入る原因

購入後、2ヶ月足らずでPCモニター「Dell U3219Q 31.5(32)インチ 4K HDR」に青色の縦線が1本出現。故障の有無の確認方法と交換等のアフターサービスについての体験談。不具合の原因とは?PCモニターを扱う上での注意点についても紹介。

1)購入して2ヶ月弱でPCモニターの不具合

少し前に記事にした高画質でコスパの良いPCモニター Dell「U3219Q 31.5(32)インチ 4K HDR USBーC / IPS」にてPCモニターに青色の縦線が一本出現。このモニターは見やすく美しい画質として人気。コスパも良く筆者の満足度も高いPCモニターです。詳細はそちらのページをご覧ください。

青色の一本縦線が入る

PCモニターに青色の一本縦線が入る…Dell「U3219Q 31.5(32)インチ 4K 」

残念なことに購入から2ヶ月足らずで今回の症状が発生。少し見えにくいかもしれませんが画面の中央から右側の中間あたりに青い縦線が上から下まで一本入っているのが確認できますでしょうか? まずは、これがモニターの不具合か、PC、HDMIケーブル(筆者の場合はHDMIでPCと繋いでいる)のどの不具合かを特定する必要があります。ノートPCを持っているのでHDMIケーブルはそのまま使用しノートPCからモニターへ接続し確認。同様に縦線が入りました。さらにHDMIケーブルも他のもので確認しましたが、結果は同じで青い縦線が一本入ったまま。

PC液晶モニターに青色(赤色)の一本縦線が入る

ということでモニターが原因ということが濃厚になり、DELLのサポートセンターに問い合わせ。これらの症状、確認事項をスタッフにに伝えると指示がありモニター不具合の有無を再度確認。やはりモニターが原因と判明。

Dell「U3219Q 31.5(32)インチ 4K 」モニターのスイッチ

PCモニターの不具合の有無を確認する方法(Dell U3219Qの場合)

ちなみに「Dell U3219Q」の確認方法はモニターのHDMIケーブルを外し、再びモニターの電源を入れい一番左側のボタンを長押しします。するとモニターの画面がグレー色になります。この時に縦線が同じように入っていればモニターの不具合と判断できます。なお、不具合の症状(筆者の場合は青い縦線が1本入る)がなくグレー色だけであれば、モニター以外のケーブルやPCの接触不良やその他の不具合ということになりますので、再度接続し直したり、ケーブルを交換、他のPCがあれば付け替えて見るなどの確認を行います。恐らく他の機種や他メーカーでも同様の確認方法があると考えます。
※ケーブル等を着脱する場合は、モニターとPCの電源を切ってから行ってください。

HDMIケーブルをモニターから外した状態。モニターはPCも繋がっていない電源だけが繋がっている状態で青い縦線が1本入る症状が出ているということでモニターが原因ということが明らかになりました。

Dell「U3219Q 31.5(32)インチ 4K 」グレー色のバックカラーを表示

DELLのプレミアムパネル交換サービス

DELLではプレミアムパネル交換というサービスがあり、画面上に1つでもドット抜けが見つかった場合、ハードウェア限定保証の期間内であれば無償で代替品に交換してもらえます。(このデル製モニタは3年間保証、良品先出しサービスで、3年間のハードウェア限定保証の期間内であれば、交換が必要になった場合、翌営業日までにモニタを出荷してくれるというサービスです。) この保証も選んだ理由の一つでした。正直お世話になることはないだろうと思いながら万が一のことも考えて決めて良かった。筆者は長年、DELL製のノートパソコンを買い換えし愛用するヘビーユーザー(自分っで言うか!?)なので、これまで買い換えてきた歴代のノートPCでは大きなトラブルもなく、またアフターサービス等のサポート面での信頼・安心感は持っていました。

余談になりますが、これまではDELL社の通販サイトから直接購入していたのですが、購入のタイミングの問題でAmazonの方が価格が安かったのでそちらから購入。DELLでは頻繁にキャンペーンをおこなっており、お得な割引を受けられます。なお、年中割引はありますが期間により最終的な値引率はその時々で変わりますので、お得なタイミングで購入できるようにチェックしておきたい…。

DELLのプレミアムパネル交換サービスの詳細と手続きの流れ

早速、代替品交換の手配を頂けるということで、翌日までにモニターの発送をしてもらえることに。なお、モニターに関してはその時々の代替品の在庫状況次第となるようです。場合によっては異なる型番のモニターになることもあり得るとのことで、送られてきたものは、そのまま使い続けるモニターになるわけで、少々不安も過ぎる…。念の為確認すると代替品がグレードダウンすることは無いらしいとのことなので少し安心しつつも、気に入っているモニターなので同じものであって欲しいと願いつつ了承した。ちなみに購入して2ヶ月経っていないモニターであるが、ある程度使用されたモニターなど修理された中古では無いか?という不安も過ったので、モニターは新品ですか?との質問には、曖昧な回答、中古品とかでは無いですよね?再度念押しすると中古ではないとの回答。

Dellモニター元箱「U3219Q 31.5インチ 4K HDR USBーC / IPS」

連絡から2、3日後に届いたモニターはDell「U3219Q 31.5(32)インチ 4K」で同じもの。上記の箱は新品購入時の写真ですが、同じ箱で到着。箱はテープの痕などから未開封の箱では無いように思われます。開封すると付属品も含め購入時と同じ内容のものが入っていますが、痕跡からも購入時(新品)の包装とは少々違った形で入っていましたので、新品で販売されているものがそのまま送られているわけでは無いようです。ただ、モニターは中古などを修理したと製品では無いようにも思われ、新品同様のコンディションと言っていいもので、一安心。交換品に関しては、購入後の使用年数やタイミングによっても違うのかもしれません。わかりませんが。。。ですが筆者の場合は本体そのものは新品または同等の製品と思われるモニターでした。交換したモニターはもちろん不具合なし。DELLサポートスタッフからモニタの不具合がないか確認連絡を頂く。交換した故障モニターを回収するとのことで、送られてきた元箱に梱包。2、3日後に集荷があり、宅配業者に渡し交換完了。

2)故障の原因について

しばらく経って、この件で知人と話す機会があり、思い返しながら話していくなかで、モニターは水に弱く少しのことでも青や赤などの線が入る可能性もあると言われ、思い当たることはないかとの問いに振り返ってみると、洗って手で絞ったダスターでモニターの周り(ベゼル周辺も含む)を拭いて間もなく、不具合が出たことを思い出した。

DELL U3219Qモニター ベゼル周辺のパネルと枠の隙間

Dell「U3219Q 31.5(32)インチ 4K」はベゼルが1cm弱でとても薄い、この外枠とモニターのパネルの間に1mm程度の僅かながら隙間があり、ここに水が入り溜まりやすい構造となっていることに気付いた。中途半端に絞った水を含んだタオルだと、少々力を入れて拭いた場合にこの溝に、水が入り込む可能性がある。確かに当時、軽めに絞っていた記憶があり、今回の不具合を起こした要因と言えなくもない。これまでも同様に他のノートPCや液晶テレビののモニター周りを同じように拭いていたが、Dell「U3219Q 31.5(32)インチ 4K」のように水が入りやすい(含みやすい)構造ではないために、何気なくこの行為を行っていた。参考までに、これまで使用していたDELL inspiron 15のノートパソコンとAQUOS LED 液晶テレビのモニターのパネルとベゼルも撮影してのでご覧ください。素人目にも濡れたタオルで拭いた程度では浸水のリスクが低い構造と感じます。

DELL inspiron 15 5000 AMD-5575 / AMD Ryzen 7 2700Uのモニター構造

AQUOS LED 液晶テレビのモニター構造(パネルと枠)

モニターのお手入れで注意すること

突然の不具合とタイミング的にも怪しい。溝に溜まった水がパネルに浸透する可能性があるであれば、筆者のような行為は、このモニターの場合に関しては大変危険な行為となってしまいます。思い返すとこのパネルとベゼルの隙間、しかも青い縦線1本入った付近に濡れ布巾で拭いた際の水が溜まっていたような気もしなくはない。(布巾はびしょびしょにぶれているような事はなく、常識の範囲で適度に絞り水分を切っていたことは間違いありませんが、ベゼル周辺を拭く際に運悪く少し力が入りすぎてしまって含まれていた水分が絞り出てしまった可能性は考えられます。)確かなことかはわかりませんが、少なからず可能性があることは否定はできません。
今更ながら、筆者の落度はあったかもしれません。絞っているとはいえ水分を含んだ布巾で拭くこと自体が問題と言われれば、何も言えませんが、Dell「U3219Qや同じ構造のモニターは特に注意して扱った方が良さそうです。布巾で拭いた程度でこのような症状が出る可能性があるあれば、次のモデルでは改善をお願いしたい。くれぐれも埃や指紋、汚れ付着があるとモニターを湿らせたダスターで安易に拭いている方はご注意ください。その他のモニターや精密機器も手入れ方法には最新の注意を払い正しい方法で手入れすることをお勧めします。

最後に

今回、モニターの不具合内容からも正しい使い方、手入れなど扱いには注意したいところですが、ごく細ベゼルで画面サイズよりもコンパクトな印象を受けるサイズ感とインテリアとしてもおしゃれなデザイン、そして素直に美しいと感じる発色で、目に優しく透明感のあるは画質。IPSモニターとしては実売価格は他メーカーよりも安く、コスパ面からも満足できるモニターと言えます。メーカーのアフターサービスもしっかりしており安心して購入できる、個人的に素直にお勧めできるモニターです。

追記:
モニター交換後2週間ぐらいで、画面にちらつく不具合が発生。それまでは不具合がなかったのだが、動画編集をしている際に突然発生。PCの不具合の可能性もあるので、前述で記載のモニターだけでチラツキがないかを確認してみた。この際、ケーブルを外したりするために一旦電源をOFFしモニターには電源だけが繋がっている状態にし確認。やはりグレーの画面に変えてもチラツキは発生したまま。これでモニターの不具合ということが判明。早速、DELLのカスタマーサポートセンターへ連絡。症状を伝え再びモニター交換の手配をしてもらうことに。
届くまでに数日かかるので、そのまま使うしかないので、編集を続けるもチラツキが気になり、一旦コンセントから電源を抜き、しばらくして立ち上げたところチラツキが出なくなった。
再び、動画編集に入ると再び発生。原因らしき症状を発見。最初に出た際も同じであったが、編集ソフトでカラーグレーディング中にRGBのB(ブルー)系が強調される映像の場面でその症状が起こるのだ。そして他のシーンに移り色味が変わった瞬間にその症状は出なくなった。再びB(ブルー)系が強調される映像の編集に入るとまたチラつき始める。これの繰り返し。どうやらRGBのBの部分がある条件に達した時に発生するのではないかと感じた。ちなみに作業を終え。翌日から使用するも、その後はチラツキが収まり、不具合が確認できなくなった。不具合があった当日は最初の段階では一度チラツキが出てからは編集ソフトを使っていない時でも、モニター電源をOFFしモニターでけでのチラツキ確認をしても収まることはなかったのだか、コンセントを抜いてモニターを少し休めた後は次第にその症状は緩和されて再現しなくなっていた。とはいへ、その日の数時間はあの症状が出続けた以上、何かしらの問題を抱えているモニターであることは明らか。
なお、交換用のモニターについて改めて、交換品は新品、未使用品なのか?と質問すると、どうやら新品や未使用品ではないらしい。恐らく不具合がでた商品などを修理した商品と思われます。筆者の推測ですが。。。恐らく、このモニターはもともとチラツキの不具合があったモニターを修理したか、あるい一定の条件下でしか出ない不具合のため不具合なしと判断され未修理のまま、交換モニターとして再利用されたのではないかと推測。そして、たまたまこのモニターが抱えている不具合の発生条件を満たす環境が整い、今回の不具合が出たのではないかと妄想する筆者であった。
新たに届いたモニターは梱包された箱も購入時の箱とは異なるもので、明らかに新品や未使用品ではないだろうと判断できるような状態の梱包で送られてきた。買って2ヶ月も満たないモニターをどれだけ使われているかわからない中古モニターに交換されるというのは正直納得いかない。これじゃ中古買っているのと同じなんですけど。。。と悲しい気分。個体差はありますがモニターなんて消耗品だから寿命が少なからず短くなったモニターを使わされるのかと思うと、買って早々に不具合が出た場合は、交換サービスも素直に喜べない部分もある。もちろん交換してもらえるのは有難いが、安いモニターではないので複雑である。
信頼しているメーカーでしたが、ケースバイケースでなのかな? 少なくとも、1年のメーカー保証期間は新品交換が妥当なのではないかと思うのは筆者だけなのだろうか? それでも交換でしっかり対応してもらえるだけ有難いのかな? いい経験をさせてもらいました。今度のモニターは不具合なく長く使えるといいのだが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください